ペットサプリ・犬用猫用サプリのウィズペティの会報誌「ウィズペティ倶楽部」

トップページ よくある質問 会社概要 ご注文や質問はお電話でも承ります
商品一覧 定期コース 安心・安全へのこだわり お客様の声 ご利用ガイド
犬・猫の健康を考えたペットサプリ通販専門店「ウィズペティ」 ウィズペティ営業時間 買い物かごを見る
商品一覧 定期コース 安心・安全へのこだわり お客様の声 ご利用ガイド

もうすぐ春!換毛期のお手入れで気を付けたいこと

もうすぐ春!換毛期のお手入れで気を付けたいこと

換毛期はワンちゃんの衣替え

ワンちゃんの被毛は換毛期以外の時期でも定期的に抜け替わっています。人間の髪の毛が生え変わるのと同じですね。明らかに違うのは春と秋に換毛期があること。人間は衣服を簡単に着替えて対処しますが、ワンちゃんの場合は自らの毛を着替えます。この時期を嫌がるオーナーさんは非常に多いです。室内で一緒に暮らしていると、ワンちゃんの行動範囲全てに抜け毛が落ちるのが目に付きます。抜け毛が多いタイプのワンちゃんであれば、1回のブラッシングで頭ひとつ分くらいの量が簡単に抜けることも珍しくありません。
オーナーさんの苦労が多くなる時期かもしれませんが、ワンちゃんの身体機能が正常に働いている証拠なのであまり神経質にならないでください。冬に身体を温めてくれた被毛は春から夏にかけては必要ありません。ワンちゃんは自らの毛を脱ぎ捨てて春夏用に適した被毛に生え変わることで体温調節を行いやすいように準備しているのです。ワンちゃんの換毛を手伝ってあげるくらいのやさしい気持ちで付き合ってあげましょう。

 

毛が抜けやすい犬種と抜けにくい犬種がある

換毛期のとき抜け毛が目立つのはダブルコートの犬種です。寒い国や四季がはっきりした国が原産の犬種がほとんどですが、近年は様々な交配が行われているので完全に区別することが難しくなりつつあるようです。換毛期がないとされている犬種でも春先になると抜け毛が多くなることがあります。抱っこすると洋服にびっしりと毛が付いて驚いた経験のあるオーナーさんも多いのではないでしょうか。
でも、毛の抜け方には大きな違いがあります。皮膚の下にフワフワの短い被毛がびっしり生えているダブルコートのワンちゃんは、その短い被毛(アンダーコート)が大量に抜けるからです。ちょっと抜け毛が多いかなと感じる程度ではありません。大きな毛束がごっそり落ちるくらいの勢いで抜けていきます。「こんなに抜けて大丈夫?」と心配になるほど大量に抜けるので、初めてワンちゃんと春を迎えるオーナーさんは驚くことが多いようです。部分的に皮膚が丸見えになるほど抜けると病気による抜け毛の可能性がありますが、表面の長い被毛が残っているなら問題ありません。換毛期の脱毛は季節の変化に身体が順応しようとしている証拠なので、ほとんどの場合は心配しなくても大丈夫です。


 

どんな犬種の子でも春先の被毛ケアは大切

一般的にはダブルコートの犬種は換毛期があり、シングルコートの犬種は換毛期がないとされていますが、シングルコートだとされている犬種でもダブルコートを持つ子が生まれるケースもあるようです。普通のシングルコートのワンちゃんも2種類の被毛を持っていますが極端に目立つ換毛期はありません。
当然、ダブルコートのワンちゃんの方がお手入れをこまめに行う必要があります。でも、シングルコートのワンちゃんなら全くお手入れしなくて良いというわけではありません。シングルコートでも春先になると抜け毛が目立つようになる子もいます。それに、少しずつ暖かくなるということは被毛が不潔になると雑菌が繁殖しやすいということ。どんな犬種の子でも春先は被毛をきちんとケアして快適な状態にしてあげましょう。

ダブルコートなら換毛期はこまめにグルーミング

換毛期に突入したダブルコートのワンちゃんは、放っておいても器用に身体をかいて古くなったアンダーコートを抜いていきます。そのため、ワンちゃんが移動する場所のあちこちに大きな毛玉が転がっていてオーナーさんを困らせてしまうことも。自然に任せるのは悪いことではありませんが、オーナーさんが換毛を手伝うことで抜け毛をコントロールするのも良い方法です。抜け落ちそうな毛が地肌に残った状態で放置すると皮膚病の原因になってしまうことも。皮膚トラブルを避けるためにもこまめなグルーミングをおすすめします。
換毛期に入ったということは、アンダーコートが死毛になるということ。地肌からどんどん不必要な毛が抜け始めます。抜け毛が始まったら、まずは丁寧にシャンプーしてあげましょう。皮膚から抜けかかった毛をシャンプーで洗い流すことができます。シャンプーしただけでも結構な量の抜け毛が出ますので、排水溝ネットなどを上手に利用して毛が詰まらないように気を付けましょう。タライや袋などを用意しておき、毛が詰まりそうになったら捨てながらシャンプーすると排水溝ネットを取り替える手間を省くことができます。換毛期のシャンプーは効果的ですが、毎回シャンプー剤をつける必要はありません。長毛種のワンちゃんでも、きちんとシャンプーするのは月に数回程度で十分です。換毛を促すためのシャンプーはぬるま湯のみにすると良いでしょう。

シャンプーが終わったらドライヤーできちんと被毛を乾かしてください。そうすると、さらに抜け毛が表面に浮いてきます。抜け落ちる前にコームやブラシでとかしながら取り除いてあげましょう。グルーミング用品は、その犬種によって使いやすいものと使いにくいものがあります。ペットショップなどで犬種に合ったアイテムを選んでもらい、数種類のものを使い分けてグルーミングしていくのが上手な方法です。被毛をとかしていると次々と抜けてきますが、無理に強くブラッシングすると皮膚を痛める原因になります。ワンちゃんが気持ちよく身体を任せていれば大丈夫なので、そのときの加減を覚えておくと良いですね。オーナーさんとワンちゃんの良いコミュニケーションにもなりますので、換毛期はこまめにブラッシングして気持ちよく換毛を促してあげましょう。

抜け毛対策しながら身体の異常をチェック

オーナーさんにとってワンちゃんの抜け毛対策は頭を悩ませるところですが、シャンプーやブラッシングの回数が増えると身体の異常をチェックしやすくなります。身体の表面だけをなでるスキンシップより、被毛を丁寧に整えるグルーミングの方が皮膚の状態が良く見えるからです。ワンちゃんの皮膚は人間よりずっとデリケートなので、オーナーさんが気付かないうちに傷やできものができていることがあります。換毛期にオーナーさんがしてあげるグルーミングは、そのような皮膚の異常を見つけられる良い機会です。ワンちゃんと触れ合う時間ができたら積極的に行いましょう。

3月はワンちゃんの身体が冬から春夏に対応するための準備を開始する時期です。気温が少しずつ上がって過ごしやすい日が多くなるので、お散歩をせがむ回数が増える子も多いでしょう。寒暖の差が激しい時期でもあるので、お散歩から帰宅したら被毛を清潔にしてあげてください。換毛期は皮膚の下に抜けかけた毛がたまりやすく雑菌の温床になりやすいです。濡れていたら乾いたタオルで汚れを落とし、汚れがひどいようならお湯で洗い流して抜け毛も一緒に取り除いてあげてください。ワンちゃんの換毛期はオーナーさんの負担が増えますが、あまり神経質にならずにスキンシップをしながら乗り切っていきましょう。

  • 安心安全へのこだわり
  • ペットサプリメントの必要性と効果
  • お電話
  • お電話
  • Eメールでのお問い合わせ
ページ先頭
お支払い方法について
NP後払い
楽天ポイント
お支払い方法について
詳しく見る
フフルル
送料について
詳しく見る
お得な定期コース
詳しく見る
よくあるご質問
お客様サポート
Eメールでお問い合わせ
お支払い方法について
NP後払い
楽天ポイント
お支払い方法について
詳しく見る
よくあるご質問
フフルル
送料について
詳しく見る
ようこそゲスト様
ログイン
ようこそゲスト様
新規会員登録
お得な定期コース
詳しく見る
商品一覧 | 安心・安全へのこだわり | お客さまの声 | ご利用ガイド |
会社概要 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表記
ウィズペティ公式サイト copyrightc ウィズペティ all rights reserved.