ペットサプリ・犬用猫用サプリのウィズペティの会報誌「ウィズペティ倶楽部」

トップページ よくある質問 会社概要 ご注文や質問はお電話でも承ります
商品一覧 定期コース 安心・安全へのこだわり お客様の声 ご利用ガイド
犬・猫の健康を考えたペットサプリ通販専門店「ウィズペティ」 ウィズペティ営業時間 買い物かごを見る
商品一覧 定期コース 安心・安全へのこだわり お客様の声 ご利用ガイド

元気に長生きさせてあげたい!シニアペットのヘルスケア(生活環境)

元気に長生きさせてあげたい!シニアペットのヘルスケア(生活環境)

シニア犬の健康状態チェック

運動能力が低下すると、行動範囲が狭くなり運動可能な時間が減るようになります。お散歩を嫌がるようになったり休憩が増えたりすることが多いので、思い出してみてください。お散歩の機会が少ない子であれば、家の中での様子から判断することができます。
◇歩く動作がぎこちない
◇散歩の途中で止まってしまう
◇走ることを嫌がる
◇階段の上り下りが上手にできない
◇足を引きずっているときがある
このような動作が目立つようになったら、骨と筋肉が衰え始めています。犬は「痛い」と言葉で訴えることができません。使いづらい部分が出てきたら動ける部分を使って補おうとします。人と関わる時間やおもちゃ遊びの時間が減り、寝ている時間が多くなったら老化が進んでいるサインです。

シニア猫の健康状態チェック

猫は敏捷性に優れた高い運動能力を持つ動物です。しかし、年老いて骨や筋肉が衰え始めると行動が制限され、ジャンプなどの衝撃に耐えられなくなります。無理すると痛みが出たり怪我したりする危険があるので、本能的に制御するようになるのです。全身が衰えてくると寝る時間も多くなります。
◇高い場所へ上る回数が減る
◇着地に失敗することがある
◇歩きながらよろけるときがある
◇動く物に興味がなくじゃれる行為が減った
◇毛づくろいが減り寝る時間が増えた
分かりやすいのは「高い場所への移動」です。猫は衝撃を吸収する柔軟な動きができる動物ですが、その身体能力も衰えてきます。外出できる愛猫であれば、老化のサインを見つけたら動物病院で検査をしてもらいましょう。今後の老猫生活をゆったり楽に過ごす方法を見つけるきっかけになります。

シニア犬に適した生活環境

◇お散歩コースの見直し
アクティブに長時間運動するコースの場合は、健康維持のためにゆったり運動できるコースに変えていきましょう。骨や筋肉が弱ってくると家で休ませたくなりますが、お散歩には様々な健康効果があります。外には家の中では感じられない刺激がいっぱい。脳が活発になり、適度な運動で骨や筋肉を鍛えることもできます。獣医師に止められない限りは、お散歩コースを見直しながら続けていきましょう。長距離を無理に歩かせず目的地まで車移動してもかまいません。家の近所だけを好きなように歩かせてみるのも良いでしょう。歩くことが困難になった場合は、キャリーに乗せて連れ出すだけでも良い刺激になります。日光を浴び、色んな景色を見て様々な音を聞く。たったこれだけでも、愛犬にとっては楽しい時間になるでしょう。ただし、天候が良くない日や体調が悪い日は無理せず休ませてください。
◇生活空間をシニア犬仕様にする
身体能力が衰えてくると生活する上で様々な支障が出てきます。階段の上り下りができなくなったり、フローリングの床ですべったり、家の中も危険がいっぱいです。階段で失敗するようになったら、抱き上げて移動してあげましょう。床で足を滑らせるようになったら、愛犬が通る場所にマットやカーペットを敷いてください。ほんの少し工夫するだけで危険を回避しやすくなるので、様子を見ながらサポートしていきましょう。
◇骨や関節の衰えをサプリメントで予防
年齢による骨や関節の衰えを加速させないためにも、サプリメントを取り入れることをおすすめいたします。老化と共に失われてしまう骨と軟骨に必要な成分を補い筋肉増強効果を高めることで、歩きやすい足腰を作り上げることが可能です。ウィズペティの「毎日散歩 グルコサミン&イミダゾールペプチド」は、骨と関節を強化しながら全身の健康管理ができるサプリメント。シニア犬に必要な成分がぎっしり凝縮されていますので、是非お試しください。

シニア猫に適した生活環境

◇生活空間をシニア猫仕様にする
猫はシニア世代になっても、危険を承知で高い場所に上ることがあります。人間でも危険より好奇心の方が上回ってしまうことがありますよね。愛猫にも同じことが言えるようです。万が一の場合に備えて、安定感のある椅子や台などを設置してあげましょう。好きだった場所への移動が可能になると愛猫の精神状態も落ち着きます。家の中にある色んなアイテムで工夫してみてください。
◇爪の伸びすぎに注意する
年を取ると猫は爪とぎ回数が徐々に減ることが多いようです。爪をとがず寝る時間が増えて使う頻度が少なくなれば、爪が伸びすぎてしまいます。放置すると巻き爪になって肉球を傷つけたり、歩くときに引っかかったり、危険な状態になりかねません。定期的にチェックし、爪切りしてあげましょう。嫌がって暴れるようなら、動物病院で健康診断のときに切って貰うのがベストです。

  • 安心安全へのこだわり
  • ペットサプリメントの必要性と効果
  • お電話
  • お電話
  • Eメールでのお問い合わせ
ページ先頭
お支払い方法について
NP後払い
楽天ポイント
お支払い方法について
詳しく見る
フフルル
送料について
詳しく見る
お得な定期コース
詳しく見る
よくあるご質問
お客様サポート
Eメールでお問い合わせ
お支払い方法について
NP後払い
楽天ポイント
お支払い方法について
詳しく見る
よくあるご質問
フフルル
送料について
詳しく見る
ようこそゲスト様
ログイン
ようこそゲスト様
新規会員登録
お得な定期コース
詳しく見る
商品一覧 | 安心・安全へのこだわり | お客さまの声 | ご利用ガイド |
会社概要 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表記
ウィズペティ公式サイト copyrightc ウィズペティ all rights reserved.