犬の疥癬(かいせん)症|症状・原因・好発品種・予防・治療|【獣医師執筆】犬の病気辞典

トップページ よくある質問 会社概要 ご注文や質問はお電話でも承ります
商品一覧 定期コース 安心・安全へのこだわり ペットサプリの与え方 ご利用ガイド
犬・猫の健康を考えたペットサプリ通販専門店「ウィズペティ」 ウィズペティ営業時間 買い物かごを見る
商品一覧 定期コース 安心・安全へのこだわり ペットサプリの与え方 ご利用ガイド

犬の疥癬(かいせん)症

執筆獣医師:若林薫先生
[記事公開日] 2021-04-30 [最終更新日] 2021-04-30
[ 目次 ]

犬の疥癬(かいせん)症とは

ヒゼンダニによる重度で感染性の高い皮膚疾患です。

疥癬症とはヒゼンダニの感染による皮膚疾患です。ヒゼンダニは皮膚内部に侵入し、トンネルをつくって生活します。その結果、皮膚の変形を含む重度な皮膚症状を引き起こし、場合によっては犬を死に至らしめます。

また、疥癬症は人獣共通感染症でもあり、注意が必要です。

犬の疥癬(かいせん)症の症状とは

強い痒みを伴う重度の皮膚症状がみられます。

強い痒みを伴う皮膚病変が、ヒゼンダニの寄生の拡大により全身性に広がっていきます。この皮膚病変では皮膚が厚くでこぼこに変形し、体毛が抜け、色素沈着により変色し、ふけやかさぶたが付着したようになります。

また、疥癬症では表皮の常在菌である細菌やマラセチアの異常な増殖を引き起こし、強い臭いを発生します。

疥癬症では、強い痒みによって犬が日常生活をおくることができなくなりQOLを大幅に低下させるだけではなく、全身性の病変が原因となり「悪液質」とよばれる身体中での様々な均等の崩壊を引き起こし、犬の生命を脅かす可能性すらあります。

犬の疥癬(かいせん)症の原因とは

イヌセンコウヒゼンダニの寄生が原因です。

イヌセンコウヒゼンダニとよばれる眼に見えないほど小さいダニの寄生が原因になります。ヒゼンダニは感染性が高く、また人に感染することもあります。飼い犬にヒゼンダニが疑われる場合、同居犬や皮膚に接触した家族もヒゼンダニの感染している可能性があります。

犬の疥癬(かいせん)症の好発品種について

好発する品種について

好発犬種の詳細です。

寄生虫性の疾患であり、好発犬種はありません。

犬の疥癬(かいせん)症の予防方法について

主に早期発見・治療をおこないます。

主に早期発見・治療をおこないますが、タヌキなどの野生動物が疥癬を持っていることがあります。飼い犬と野生動物の接触は疥癬だけではなく様々な疾患を媒介する危険性があります。

犬の疥癬(かいせん)症の治療方法について

ヒゼンダニの駆除と皮膚症状の治療をおこないます。

ヒゼンダニの駆除にはイベルメクチン系の薬剤がよく使用されます。イベルメクチン系製剤はコリー系犬種に重篤な副作用が発生することがあり、多系統の薬剤を使用する場合もあります。

病気について
  • 安心安全へのこだわり
  • ペットサプリメントの必要性と効果
  • お電話
  • お電話
  • Eメールでのお問い合わせ
ページ先頭
お支払い方法について
NP後払い
楽天ポイント
お支払い方法について
詳しく見る
お得な定期コース
詳しく見る
送料について
詳しく見る
フフルル
お客様サポート
ログイン
新規会員登録
お客様サポート
Eメールでお問い合わせ
よくあるご質問
よくあるご質問
お得な定期コース
詳しく見る
お支払い方法について
NP後払い
楽天ポイント
お支払い方法について
詳しく見る
送料について
詳しく見る
お客様サポート
ログイン
新規会員登録
お客様サポート
Eメールでお問い合わせ
商品一覧 | 安心・安全へのこだわり | お客さまの声 | ご利用ガイド |
会社概要 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表記
ウィズペティ公式サイト copyrightc ウィズペティ all rights reserved.