犬のノミアレルギー性皮膚炎|症状・原因・好発品種・予防・治療|【獣医師執筆】犬の病気辞典

トップページ よくある質問 会社概要 ご注文や質問はお電話でも承ります
商品一覧 定期コース 安心・安全へのこだわり ペットサプリの与え方 ご利用ガイド
犬・猫の健康を考えたペットサプリ通販専門店「ウィズペティ」 ウィズペティ営業時間 買い物かごを見る
商品一覧 定期コース 安心・安全へのこだわり ペットサプリの与え方 ご利用ガイド

犬のノミアレルギー性皮膚炎

執筆獣医師:若林薫先生
[記事公開日] 2021-05-10 [最終更新日] 2021-05-10
[ 目次 ]

犬のノミアレルギー性皮膚炎とは

ノミの咬傷による皮膚炎です。

ノミが咬傷したことにより、体内にノミの唾液などが侵入し、アレルギー反応を引き起こします。ノミの死骸などがハウスダストとして吸入されることで引き起こされるアトピー性皮膚炎とは区別されます。

犬のノミアレルギー性皮膚炎の症状とは

ノミの咬傷部位に皮疹・痒みがみられます。

腹部、大腿部、鼠径部、尾根部、尾部などのノミが寄生しやすい部位に皮疹ができます。この皮疹は痒みを伴います。

ノミアレルギー性皮膚炎ではノミが吸血した際に起きる即時型アレルギー反応と、しばらく時間がたってから起きる遅延型アレルギー反応がみられます。最初に吸血部の症状が引き起こされ、全身性の症状に変化することがあります。

患部を犬が掻き崩す、また皮膚の環境が悪化することにより、二次性の細菌感染やマラセチアの増殖がおき、細菌性・マラセチア性の皮膚炎を続発させることがあります。

犬のノミアレルギー性皮膚炎の原因とは

ノミが原因になります。

ノミが吸血した際に侵入したノミ由来物質に対する犬の免疫応答が原因となりノミアレルギー性皮膚炎は引き起こされます。このノミ由来物質にはアレルギー反応に関係する物質であるヒスタミンの類似物質や、唾液中の酵素などが含まれています。

症状の季節性

ノミアレルギー性皮膚炎には夏に発症しやすいという季節性があります。これは原因となるノミが夏に活発に吸血をおこなうことに起因しています。しかし、最近では冬においてもノミアレルギー性皮膚炎の発症はみられます。住宅事情や室内でのペット飼育が増加したことにより、ノミが冬にも活動できるようになったからだといわれています。

犬のノミアレルギー性皮膚炎の好発品種について

好発する品種について

好発犬種の詳細です。

ノミが原因の寄生虫性の疾患であり、好発犬種はありません。アトピー性皮膚炎などのアレルギー性の疾患を持っている犬、アレルギー性の過敏症になりやすい体質の犬では、ノミアレルギー性皮膚炎の高リスクだといわれています。

犬のノミアレルギー性皮膚炎の予防方法について

ノミの防除をおこないます。

動物病院で処方されるノミ駆虫薬を定期的に使用することで、ノミの寄生を防ぎ、ノミアレルギー性皮膚炎を予防します。

ノミを持っている動物、例えば野猫などと犬を接触させない、草むらなどに立ち入らせないことでも、予防効果があります。

犬のノミアレルギー性皮膚炎の治療方法について

ノミの駆除と症状の治療をおこないます。

駆虫薬の投与によるノミの駆除をおこなった後、皮膚炎の治療をおこないます。ノミアレルギー性皮膚炎は過剰な免疫応答による皮膚炎であり、ステロイド剤などの免疫抑制剤を使用することで症状が緩和されます。また、二次性の細菌感染などがみられる場合は抗生物質を使用して治療します。

病気について
  • 安心安全へのこだわり
  • ペットサプリメントの必要性と効果
  • お電話
  • お電話
  • Eメールでのお問い合わせ
ページ先頭
お支払い方法について
NP後払い
楽天ポイント
お支払い方法について
詳しく見る
お得な定期コース
詳しく見る
送料について
詳しく見る
フフルル
お客様サポート
ログイン
新規会員登録
お客様サポート
Eメールでお問い合わせ
よくあるご質問
よくあるご質問
お得な定期コース
詳しく見る
お支払い方法について
NP後払い
楽天ポイント
お支払い方法について
詳しく見る
送料について
詳しく見る
お客様サポート
ログイン
新規会員登録
お客様サポート
Eメールでお問い合わせ
商品一覧 | 安心・安全へのこだわり | お客さまの声 | ご利用ガイド |
会社概要 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表記
ウィズペティ公式サイト copyrightc ウィズペティ all rights reserved.