犬の胃拡張・胃捻転|症状・原因・好発品種・予防・治療|【獣医師執筆】犬の病気辞典

トップページ よくある質問 会社概要 ご注文や質問はお電話でも承ります
商品一覧 定期コース 安心・安全へのこだわり ペットサプリの与え方 ご利用ガイド
犬・猫の健康を考えたペットサプリ通販専門店「ウィズペティ」 ウィズペティ営業時間 買い物かごを見る
商品一覧 定期コース 安心・安全へのこだわり ペットサプリの与え方 ご利用ガイド

犬の胃拡張・胃捻転

執筆獣医師:若林薫先生
[記事公開日] 2021-05-15 [最終更新日] 2021-05-15
[ 目次 ]

犬の胃拡張・胃捻転とは

緊急性の高い疾患です。疑われる場合、動物病院を受診してください。

胃が脾臓を巻き込み捻転します。臓器の虚血や壊死により死に至る可能性が高い疾患であり緊急の開腹手術が必要です。胃拡張捻転症候群ともよばれます。

犬の胃拡張・胃捻転の症状とは

元気消失、腹部膨満がみられます。

胃拡張捻転症候群では元気消失、嘔吐(捻転により内容物が出てこないことがある)、流涎などの体調異常とともに、腹部膨満がみられます。この腹部膨満は胃捻転により出口を失った胃ガスが、胃を風船のように膨らますことで発生します。胃拡張捻転症候群でみられる腹部膨満は、叩くと鼓音がするという特徴があります。

胃の捻転の際に臓器周辺の血管や、脾臓とよばれる血流が豊富な臓器を巻き込みます。血流が阻害され臓器が壊死することでショックによる臓器不全で死亡します。

犬の胃拡張・胃捻転の原因とは

食事に関係した原因が示唆されています。

胃拡張捻転症候群の直接的な原因はまだ解明されてはいませんが、食後の激しい運動は発症を助長する可能性があります。早食いや大量の食事も同じようにリスクがあるとされています。また、胃を支える靭帯の加齢性のゆるみも一因だといわれています。

胃拡張捻転症候群では深夜早朝の発生が多く、症状に気が付いて動物病院を受診するタイミングに必ずしも治療を受けられるとは限りません。あらかじめ夜間診療をおこなっている動物病院を調べておくとよいでしょう。

犬の胃拡張・胃捻転の好発品種について

好発する品種について

好発犬種の詳細です。

大型犬や胸部が高い犬種で好発します。

犬の胃拡張・胃捻転の予防方法について

適正な食事が重要になります。

食後の激しい運動や早食い、一度の過食を防ぎましょう。犬の食事回数は2~3回に分けておこなうもしくは、もしくはもう少し回数を増やすことで、いくつかの病気やトラブルを防ぐことができます。

犬の胃拡張・胃捻転の治療方法について

緊急の開腹手術をおこないます。

胃拡張捻転症候群でおこなう緊急の開腹手術では、致死的なショック状態からの回復、胃の減圧、捻転の整復をします。捻転に脾臓が巻き込まれている場合、脾臓の摘出を同時におこないます。また、再発を防止するために胃壁の一部を腹腔内に縫い留め、胃を固定します。また、術後は体調の急変に備えて入院管理をおこなう必要があります。

病気について
  • 安心安全へのこだわり
  • ペットサプリメントの必要性と効果
  • お電話
  • お電話
  • Eメールでのお問い合わせ
ページ先頭
お支払い方法について
NP後払い
楽天ポイント
お支払い方法について
詳しく見る
お得な定期コース
詳しく見る
送料について
詳しく見る
フフルル
お客様サポート
ログイン
新規会員登録
お客様サポート
Eメールでお問い合わせ
よくあるご質問
よくあるご質問
お得な定期コース
詳しく見る
お支払い方法について
NP後払い
楽天ポイント
お支払い方法について
詳しく見る
送料について
詳しく見る
お客様サポート
ログイン
新規会員登録
お客様サポート
Eメールでお問い合わせ
商品一覧 | 安心・安全へのこだわり | お客さまの声 | ご利用ガイド |
会社概要 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表記
ウィズペティ公式サイト copyrightc ウィズペティ all rights reserved.