犬の臍ヘルニア|症状・原因・好発品種・予防・治療|【獣医師執筆】犬の病気辞典

トップページ よくある質問 会社概要 ご注文や質問はお電話でも承ります
商品一覧 定期コース 安心・安全へのこだわり ペットサプリの与え方 ご利用ガイド
犬・猫の健康を考えたペットサプリ通販専門店「ウィズペティ」 ウィズペティ営業時間 買い物かごを見る
商品一覧 定期コース 安心・安全へのこだわり ペットサプリの与え方 ご利用ガイド

犬の臍ヘルニア

執筆獣医師:若林薫先生
[記事公開日] 2021-03-26 [最終更新日] 2021-03-26
[ 目次 ]

犬の臍ヘルニアとは

仔犬のへそにヘルニアができる疾患です。

臍の尾が通る穴(臍輪)を通して脂肪や内臓が皮膚の下に突出している状態です。生後数か月の仔犬では齊ヘルニアの状態は必ずしも病的なものとは言い切れません。

臍ヘルニアは、腸管などの内臓が臍輪で絞められてしまう状態(嵌頓)にならないように注意して観察する必要があります。

犬の臍ヘルニアの症状とは

ヘルニアが嵌頓していないか注意しましょう。

臍ヘルニアでは臍輪を通じて脂肪や内臓(ヘルニア内容といいます)が皮膚の下に突出することで、大きなでべそのような状態になります。仔犬の臍ヘルニアは食事の直後に大きくなる傾向がありますが、これは仔犬が成長のために身体の大きさに比較しておおくの量の餌を食べることで、お腹が膨れヘルニア内容が皮下に押し出されるためです。

ヘルニア内容が腸管などの内臓の場合、臍ヘルニアは腸管の運動に合わせて動きます。繊細な臓器ですのであまり触らないようにしましょう。

臍ヘルニアにおいて最も注意すべき状態は、ヘルニア内容が臍輪で拘束されてしまう嵌頓という状態です。嵌頓は血流を止め、ヘルニア内容を壊死させる可能性があります。臍ヘルニアの様子がいつもと異なる。熱を持って赤くなっている。などの症状がみられたときにはすぐに動物病院を受診してください。

犬の臍ヘルニアの原因とは

臍輪の閉鎖不全が原因です。

母犬と仔犬は臍の尾を通じて栄養や酸素をやり取りしています。母親の胎盤から伸びている臍の尾は臍輪を通じて仔犬の身体の中に入り込んでいますが、出生時に臍の尾が切れることで臍輪は徐々に閉鎖されていきます。

臍輪の大きさと、閉鎖の進み具合は犬によって異なり、生後数か月の仔犬では臍輪がほぼ閉鎖されている、臍輪から脂肪が少し出ている、臍輪が大きく腸管などの内臓が出ているなど様々な状態が存在します。

明らかに臍輪が大きいものを除いて、仔犬の臍ヘルニアは必ずしも病的なものとは言い切れません。臍輪は成長と共に筋肉によって塞がれ小さくなるからです。

犬の臍ヘルニアの好発品種について

好発する品種について

好発犬種の詳細です。

臍ヘルニアは仔犬であればどのような犬種でも起こり得る状態です。臍ヘルニアが病的なものであるか気になる、治療の必要性が気になる場合は、かかりつけの獣医師に相談してみるといいでしょう。

犬の臍ヘルニアの予防方法について

予防法はありません。

臍ヘルニアは先天性の状態であるため、予防することはできません。

犬の臍ヘルニアの治療方法について

外科的な臍輪の閉鎖をおこないます。

臍ヘルニアが病的に大きい場合は、外科的な縫合で臍輪を閉じることで治療を行います。緊急性がない臍ヘルニアでは、犬の成長による臍輪の閉鎖と、麻酔や侵襲性に耐えうる体力が付く6~12カ月頃に、去勢・避妊の実施と同時に手術を行う場合が多くあります。去勢と臍ヘルニアの外科的閉鎖を同時に行うことで、麻酔リスクを最小限にするためです。

臍ヘルニアが嵌頓してしまった場合、緊急の開腹手術を行います。ヘルニア内容を腹腔内に戻し、必要であれば壊死した部分を除去します。

病気について
  • 安心安全へのこだわり
  • ペットサプリメントの必要性と効果
  • お電話
  • お電話
  • Eメールでのお問い合わせ
ページ先頭
お支払い方法について
NP後払い
楽天ポイント
お支払い方法について
詳しく見る
お得な定期コース
詳しく見る
送料について
詳しく見る
フフルル
お客様サポート
ログイン
新規会員登録
お客様サポート
Eメールでお問い合わせ
よくあるご質問
よくあるご質問
お得な定期コース
詳しく見る
お支払い方法について
NP後払い
楽天ポイント
お支払い方法について
詳しく見る
送料について
詳しく見る
お客様サポート
ログイン
新規会員登録
お客様サポート
Eメールでお問い合わせ
商品一覧 | 安心・安全へのこだわり | お客さまの声 | ご利用ガイド |
会社概要 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表記
ウィズペティ公式サイト copyrightc ウィズペティ all rights reserved.