犬の耳血腫|症状・原因・好発品種・予防・治療|【獣医師執筆】犬の病気辞典

トップページ よくある質問 会社概要 ご注文や質問はお電話でも承ります
商品一覧 定期コース 安心・安全へのこだわり ペットサプリの与え方 ご利用ガイド
犬・猫の健康を考えたペットサプリ通販専門店「ウィズペティ」 ウィズペティ営業時間 買い物かごを見る
商品一覧 定期コース 安心・安全へのこだわり ペットサプリの与え方 ご利用ガイド

犬の耳血腫

執筆獣医師:若林薫先生
[記事公開日] 2021-04-24 [最終更新日] 2021-04-24
[ 目次 ]

犬の耳血腫とは

耳が血液の凝固した塊で腫大します。

耳の皮膚と軟骨の間に血液の凝固した塊がしこりをつくる疾患です。

犬の耳血腫の症状とは

耳が腫れる、耳を掻く、気にするなどの症状がみられます。

耳が肉厚に変形します。このしこりは耳の内部で起きた出血で漏出した血液、もしくは血液が凝固した血餅が内容物であり、液体状~固い弾性のある質感です。しこりは熱感をもっている場合があります。

耳血腫では耳を掻く、気にするなどの症状がみられますが、多くは耳に強い痒みや痛みを引き起こす原因疾患がみられます。

耳血種は治療をおこなわず放置することで耳を変形させてしまうことがあります。また、耳血腫は再発しやすい疾患です。耳の皮膚と軟骨の間に本来存在しない空間ができてしまうことで、再び血液が貯留しやすくなる。治療中などに発生した小さな耳血腫が、犬が耳を掻く、違和感で頭を振るなどの動作で悪化しやすい。原因疾患が難治性である。などの理由が考えられます。

犬の耳血腫の原因とは

耳に痒みを引き起こす疾患に続発します。

耳に強い痒みを引き起こす疾患により、犬は耳を頻繁にかきむしります。その結果、耳の内出血が引き起こされ耳血腫の原因になります。

この原因疾患には重度の細菌性やマラセチア性の外耳炎や、外耳炎が進行して中耳炎を併発しているもの、また強い痒みを引き起こすミミヒゼンダニ症などが挙げられます。

その他、事故やケガなどの外傷によって耳血腫が発生することもあります。

犬の耳血腫の好発品種について

好発する品種について

好発犬種の詳細です。

垂れ耳の犬などの耳のトラブルが起きやすい犬種で耳血腫はよくみられますが、どの犬種でも発症する疾患であり特別な好発犬種はありません。

犬の耳血腫の予防方法について

原因疾患の治療や、耳のケアをおこないます。

原因となる外耳炎などの疾患の早期発見・治療をおこないます。耳掃除などの定期的な耳のケアは、外耳炎などの原因疾患を予防することで耳血腫の発生を抑えます。

犬の耳血腫の治療方法について

原因疾患の治療、血腫の除去をおこないます。

多くの耳血腫は原因疾患が引き起こす痒みや痛みなどで、犬が耳を掻きむしり血管を切ってしまうことで引き起こされます。原因疾患を治療しないと耳血腫を再発させてしまうため、外耳炎の治療やミミヒゼンダニの駆除をおこないます。

耳血腫を形成している血液や、血餅を除去する方法には、耳を外科的に切開する方法と、管を挿入して吸引除去する方法、また内科的に治療をおこなう方法があります。外科的処置をおこなう場合、耳血腫の再発の要因になる皮膚と軟骨の間の空間を閉鎖しますが、手術用の糸で抱合する方法と、包帯を使って圧迫する方法があります。

内科的な治療法では耳にインターフェロンを注入することで耳血腫の吸収を促します。

耳血腫に対する治療はいくつかの種類がありますが、どの程度耳血腫の再発を抑えることができるのか、という点で議論の余地があるといわれています。

病気について
  • 安心安全へのこだわり
  • ペットサプリメントの必要性と効果
  • お電話
  • お電話
  • Eメールでのお問い合わせ
ページ先頭
お支払い方法について
NP後払い
楽天ポイント
お支払い方法について
詳しく見る
お得な定期コース
詳しく見る
送料について
詳しく見る
フフルル
お客様サポート
ログイン
新規会員登録
お客様サポート
Eメールでお問い合わせ
よくあるご質問
よくあるご質問
お得な定期コース
詳しく見る
お支払い方法について
NP後払い
楽天ポイント
お支払い方法について
詳しく見る
送料について
詳しく見る
お客様サポート
ログイン
新規会員登録
お客様サポート
Eメールでお問い合わせ
商品一覧 | 安心・安全へのこだわり | お客さまの声 | ご利用ガイド |
会社概要 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表記
ウィズペティ公式サイト copyrightc ウィズペティ all rights reserved.