ペットサプリ・犬用猫用サプリのウィズペティの犬の病気について ~ 尿路結石症について

トップページ よくある質問 会社概要 ご注文や質問はお電話でも承ります
商品一覧 定期コース 安心・安全へのこだわり お客様の声 ご利用ガイド
犬・猫の健康を考えたペットサプリ通販専門店「ウィズペティ」 ウィズペティ営業時間 買い物かごを見る
商品一覧 定期コース 安心・安全へのこだわり お客様の声 ご利用ガイド

犬の病気

尿路結石症について

尿路結石症とは

尿路結石症とは、尿路に「結石」が作られることで、排尿障害や血尿などのさまざまな症状が引き起こされる病気です。尿路とは、腎臓で作られた尿が排泄される通り道のことです。尿路は腎臓、尿管、膀胱、尿道に分けられ、さらに「上部尿路」と「下部尿路」に分けられます。このうち「上部尿路」は腎臓から尿管を指し、「下部尿路」は膀胱から尿道のことを指します。どの場所も結石が存在する可能性はありますが、特に問題になりやすいのは下部尿路の結石です。下部尿路結石は血尿や排尿時の痛みを引き起こしやすく、ときには尿路を塞いでしまいます。そのため、時には死にいたる場合もある「尿毒症」を発症してしまう恐れもあります。

尿路結石の除去は、投薬や食事療法によって治療する「内科的療法」と、手術によって結石をとりだす「外科的療法」のふたつに分けられます。治療法は症状や結石の主成分によって変わるので、自己判断で食事療法などを行わないようにしてください。

症状

尿路結石症では、次のような症状が現れます。

・排尿困難(尿が出にくくなったり、途切れるようになる)
・頻尿(トイレの回数が増える)
・血尿(尿に血液が混ざり、赤やオレンジ、ピンク色になる)
・排尿痛(トイレの時に痛がる)
・元気がない

このような症状がみられる場合、尿路結石症の可能性があります。動物病院を受診しましょう。

尿路結石は上記の症状に加えて、尿毒症を併発する可能性もあります。尿毒症は、結石によって尿路が塞がれることで、尿の排出が困難になった結果、尿に含まれる毒素や老廃物が体内に溜まることで発症する病気です。最悪の場合、死にいたるケースもあります。尿毒症を併発すると次のような症状がみられます。

・嘔吐
・下痢
・食欲不振
・体重の減少
・ぐったりしている
・意識の消失
・痙攣

このような尿路結石症や尿毒症を防ぐために、尿路結石の予防や対策が大切です。

原因

尿路結石症は、さまざまな理由によって尿に溶けきれなくなったミネラル(カルシウムやマグネシウムなど)が結晶化することで発生します。尿路に結石が作られる原因は次のようなものがあります。

・飲水量の不足
飲水量が少ないことで尿量が減少し、濃い尿になります。濃い尿は尿中のミネラル成分などが結晶化しやすいため、結石が作られやすくなります。

・排泄回数が少ない
排泄を我慢することが多いなどの理由でトイレの回数が少ないと、尿は長い時間、膀胱に留まります。尿は膀胱に留まる時間と比例して濃縮され、やがて濃い尿になります。濃い尿は結石が作られやすい要因のひとつであるため、排泄回数の少なさは尿路結石症のリスクを高めます。

・食事バランスの偏り
結晶化しやすいミネラルが過剰な食事は、尿路結石症のリスクを高めます。過剰に摂取したミネラルは代謝しきれないため、余った分は尿として排出されます。結果、尿に含まれるミネラル成分が増加し、結石化しやすくなります。

・細菌感染
細菌が尿路へと侵入することで尿道炎や膀胱炎が起きると、細菌が出す物質や菌体により、結石が作られやすくなります。特にメスは尿道が短いので、細菌感染しやすい傾向があります。また老化や病気、ストレスなどにより免疫力が低下している犬も細菌感染しやすいです。このような犬は特に注意しましょう。

・代謝や内分泌の異常
上皮小体ホルモンの分泌が過剰になると、血液中に含まれるカルシウム量が多くなり、結果としてカルシウムの多い尿が作られます。カルシウムが多く含まれる尿は結石が作られやすいため、尿路結石症のリスクが高まります。また肝障害などで肝臓の代謝機能が低下すると、血中のアンモニア濃度が高くなることで、ストラバイト結石(リン酸マグネシウムアンモニウム結石)が作られやすくなります。これらの代謝や内分泌の異常は、遺伝的に起こりやすい犬種が知られています。例として、ダルメシアンやウェルシュ・コーギー・ペンブローグなどが挙げられます。

予防・対策

・水分摂取量を増やす
水分摂取量を増やすことで尿量を増やしましょう。給水用の水をこまめに変えてあげると、飲水量が増えることがあります。またドライフードをウエットフードに変えるだけでも、水分摂取量を増やすことができます。

・トイレの回数を増やす
尿が留まる時間を減らして、濃縮する前に排出できる環境を整えましょう。長時間の移動など、トイレを我慢する時間が多い場合は、途中でトイレ休憩を作ってあげるとよいでしょう。

・食事バランスの調整
結石のもととなるミネラルが過剰にならないよう、栄養バランスを整えることが大切です。過去に尿路結石症にかかったことがある場合は、獣医師と相談のうえで、栄養バランスが調整された食事療法用フードに切り替えるという予防法もあります。また、消化のいい食事は尿量を増やすことができるのでおすすめです。

・運動
身体を温め、代謝や血行を良くする効果があります。尿路結石症の原因のひとつである代謝異常は、運動によってある程度改善できる場合があります。また、運動によって体内で作られる乳酸は、尿pHを弱酸性側に傾ける効果があるといわれています。特に、ストラバイト結石は尿がアルカリ性の時に作られやすいため、運動による予防効果が期待できます。

予防におすすめのサプリメント「毎日腎活」

前項の「予防・対策」でご紹介したとおり、尿路結石症予防のポイントのひとつに栄養バランスの調整があります。動物病院やショップでは尿路結石症のための療法食も売られていますが、療法食を健康な犬に予防として与えてしまうと、ほかの病気を引き起こす可能性があります。そこで、栄養バランス調整手段としておすすめしたいのがサプリメントです。尿路結石など、さまざまな腎臓疾患予防をサポートする栄養成分が1粒に7種類も配合されている「犬用・毎日腎活 活性炭&ウラジロガシ」は、愛犬の栄養バランスを手軽に調整することができます。栄養成分を詳しくご紹介します。

ウラジロガシ
尿路にできた結石を溶かし、排出しやすくするはたらきがあると報告されている成分です。また、尿量を増加し排泄を促す利尿作用によって、尿路結石の予防サポート効果もあります。さらに、抗菌・殺菌効果や抗炎症作用が、細菌感染による尿路結石症や膀胱炎、尿道炎の予防をサポートします。

ヤシ殻活性炭
優れた吸着効果により、体内の有害物質を吸着する効果が期待できる成分です。これにより、尿路結石症によって引き起こされる尿毒症や、腎不全によって引き起こされる症状の緩和サポート効果が得られます。

キトサン
不溶性食物繊維の一種であるキトサンは、ヤシ殻活性炭と同様に、体内の有害物質を吸着する効果が期待できる成分です。また、タンパク質にも吸着することで消化吸収率を下げ、腎不全の悪化を防ぐはたらきもあります。

葉酸
「造血ビタミン」である葉酸は、赤血球をつくるはたらきによって貧血予防効果が期待できる成分です。尿路結石症により慢性腎不全が発症すると、赤血球が破壊されるため、貧血が起こりやすくなります。「犬用・毎日腎活 活性炭&ウラジロガシ」には葉酸も含まれているため、貧血予防サプリメントとしてもおすすめです。

ビタミンB6
尿路結石症により腎不全が発症すると、高血圧を引き起こします。ビタミンB6の血管拡張作用によって、高血圧の予防や緩和効果が期待できます。これにより、動脈硬化の予防サポート効果もあります。

アルギン酸ナトリウム
カリウムとナトリウムのバランスを調整するはたらきや、腎不全で生じる高血圧を抑制するはたらきが期待できる成分です。尿路結石症により慢性腎不全を引き起こしてしまった犬に対して、症状の改善をサポートします。

炭酸カルシウム
尿路結石のもとになるミネラル成分「リン」と結合することで、リンの吸収抑制効果が期待できる成分です。このはたらきによって、尿路結石予防をサポートします。

まとめ

今回は「下部尿路疾患」の「尿路結石症」をテーマに、症状や原因、予防・対策、予防におすすめのサプリメントをご紹介しました。尿路結石症は比較的予防・対策しやすい疾患です。「犬用・毎日腎活 活性炭&ウラジロガシ」で、尿路結石症の予防・対策を更に効果的にサポートしてみてはいかがでしょうか。

病気について
  • 安心安全へのこだわり
  • ペットサプリメントの必要性と効果
  • お電話
  • お電話
  • Eメールでのお問い合わせ
ページ先頭
お支払い方法について
NP後払い
楽天ポイント
お支払い方法について
詳しく見る
フフルル
送料について
詳しく見る
お得な定期コース
詳しく見る
よくあるご質問
お客様サポート
Eメールでお問い合わせ
フフルル
送料について
詳しく見る
ようこそゲスト様
ログイン
ようこそゲスト様
新規会員登録
お得な定期コース
詳しく見る
商品一覧 | 安心・安全へのこだわり | お客さまの声 | ご利用ガイド |
会社概要 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表記
ウィズペティ公式サイト copyrightc ウィズペティ all rights reserved.