ペットサプリ・犬用猫用サプリのウィズペティの猫の病気について ~ 猫の関節炎予防のために取り入れるべきサプリメント

トップページ よくある質問 会社概要 ご注文や質問はお電話でも承ります
商品一覧 定期コース 安心・安全へのこだわり お客様の声 ご利用ガイド
犬・猫の健康を考えたペットサプリ通販専門店「ウィズペティ」 ウィズペティ営業時間 買い物かごを見る
商品一覧 定期コース 安心・安全へのこだわり お客様の声 ご利用ガイド

猫の病気

猫の関節炎予防のために取り入れるべきサプリメント

関節炎とは

猫の骨と骨をつないでいる部分の事を関節と言います。
関節を動かす時に発生する摩擦を抑えるため、軟骨や滑液という組織があり、骨と骨がぶつからないようになっているのです。
しかし何らかの原因でその軟骨や周辺組織の機能が失われると、骨と骨が摩擦により擦り減ってしまいます。
その結果関節の部分に負荷がかかってしまい、炎症や変形が起こってしまった状態を、関節炎と言います。

関節炎の原因

多くの猫の関節炎は「変形性関節炎」と呼ばれるもので、関節を滑らかに動かす役割をする軟骨やその周囲の組織が変形してしまい引き起こされます。

多くの場合、その原因となるものは加齢です。長い間使われた軟骨が少しずつ変形したり、修復機能が弱くなったりすることが原因と考えられています。

また、猫の肥満も関節に大きな負担をかけてしまいます。重くなった体重を支えるために軟骨や周囲の組織に必要以上の負荷がかかってしまうと、若齢の猫でも十分関節炎の危険があると言えるでしょう。

さらにデボンレックスやシャム猫、スコティッシュフォールドなどの猫種では、遺伝的に関節炎を引き起こしやすいことが判明しています。

特に現在人気のスコティッシュフォールドは、その特徴である折れ耳自体が軟骨の異常であると言われており、非常に高確率で関節炎を発症します。

そのため該当猫種を飼育する際には関節炎の知識をしっかり持ち、定期的な健康診断や日々の行動の観察から、早期発見をすることが大事となるでしょう。

関節炎の症状

猫の関節炎では多くの場合痛みを伴うため、特徴的な症状が現れます。
代表的な症状としては
・高いところに登りたがらない、登っても降りることが出来ない。
・びっこをひいて歩く。
・寝てばかりいて歩くことを嫌がる。
・毛づくろいの回数が減る。
・急に性格が攻撃的になる。
・肢を触ると痛がる。

などが挙げられます。
しかし、初期の関節炎の段階では歩行障害が起こることは少なく、実際にびっこをひいて歩くなどの症状が出た時には既にひどい炎症になってしまっていることも多くあります。
そのため早期で発見し、治療を始めることが大事になるでしょう。

また関節炎の症状の多くは加齢によるものと間違えられ、見過ごされやすくなっています。
その結果治療が遅れ、猫にとっても飼い主にとっても治療が困難になってきてしまうのです。
加齢によるものと確信することはせず、何か猫の行動に変化があればなるべく早く病院で診察を受けるようにしましょう。

関節炎の検査方法

関節炎を疑い動物病院で診察を受けた際には、触診といくつかの検査を行い関節炎と診断が付きます。もちろん触診だけでも十分にわかる場合もありますが、確定診断やその他の全身状態を把握するために血液検査やレントゲン検査が行われます。

血液検査では主にSAAと呼ばれる、血液中の炎症マーカーを調べます。
SAAは体内で何らかの炎症がある際に上昇するもので、猫では関節炎を引き起こしている場合かなり高い値が出ます。

しかしSAAは院内検査が出来る動物病院は全国にまだ数少なく、外注検査になることがあるため数日~1週間程度の時間がかかってしまうことがあり注意が必要です。

レントゲン検査では、関節炎を引き起こしているとみられる関節を中心に、肢全体を撮影していきます。これは、その他に痛みを引き起こしている病気がないかどうかを確認するためです。
関節炎を引き起こしているレントゲン写真の多くは、軟骨が石灰化してしまい真っ白に写ります。

関節炎の治療

猫が関節炎と診断されたら、どのような治療を行っていくのでしょうか。
治療には以下の方法があります。

・内科療法
関節炎の治療として主になるものが投薬治療です。
痛みを取るための鎮痛剤、炎症を取るための抗炎症剤の投薬が主になります。

症状がひどい場合や食餌が取れない場合には点滴や注射で投薬することもありますが、基本的には内服薬で投与し様子をみます。

また投薬と同時に運動制限を行い、関節への負担を和らげます。
マッサージを行ったり温めたりして血行を良くすることも効果的です。

・外科療法
関節炎が悪化している場合には外科療法として手術が行われることがあります。
術式は関節を固定する関節固定術や、場合によっては人工的な関節を入れる方法が取られます。

しかし手術は全身麻酔になるほか、術後のリハビリなども必要になるため、猫の年齢や全身状態を考慮したうえで慎重な判断が取られることが多いようです。

関節炎の予防のために・・・適正な体重管理

関節炎は一度発症してしまうと完全には治りにくく、また再発も非常にしやすい病気です。そのため若齢のうちから肥満を防ぎ、関節に負担をかけないことが何より重要です。ダイエットフードや適度な運動などを日々の生活に取り入れ、適正体重を維持できるように心がけましょう。

しかし前述の関節炎を引き起こしやすい猫種では、激しい運動をすると関節に大きな負担がかかってしまい、関節炎を引き起こしやすくなってしまいます。
日々のキャットフードで体重を増やさないよう工夫してあげましょう。

関節炎の予防のために・・・「猫用 毎日散歩」サプリメントの使用

グルコサミンやコンドロイチンなどの成分は、軟骨成分の働きを補ってくれる役割があります。しかし日々のキャットフードでそれらの成分を十分摂取するのは難しいでしょう。
そのため関節炎を発症した猫や、加齢により軟骨成分が減少してきている猫にはサプリメントで有効成分を取り入れていくことがおすすめです。

「猫用 毎日散歩」は、猫の関節専用サプリメントです。
グルコサミンやコンドロイチンなどの軟骨成分や関節成分だけでなく、筋肉成分を含んだ6種類もの有効成分が1錠に含まれています。それぞれの成分の働きを見ていきましょう。

・イミダゾールペプチド
渡り鳥が疲れを知らず飛び続けられる筋肉成分として、このイミダゾールペプチドが知られています。これは疲労回復に効果があり、猫が遊んだ後や散歩の後の筋肉の疲れを取り除きます。
・コンドロイチン
関節をスムーズに動かすために必要なものがコンドロイチンです。軟骨組織に潤いを与え、骨の成長も助けます。
このサプリメントにはサメの軟骨から抽出したコンドロイチンを配合し、関節の働きをサポートします。
・プロテオグリカン
このプロテオグリカンは近年注目されている軟骨成分で、軟骨のもとになる軟骨前駆細胞を増やすことが出来ると言われています。さらには抗炎症作用もあるため痛みの軽減にも効果的です。
・Ⅱ型コラーゲン
コラーゲンには多くの種類がありますが、なかでもⅡ型コラーゲンは軟骨成分に多く含まれているコラーゲンです。Ⅱ型コラーゲンはリウマチや関節炎などの発症を抑制すると言われており、コンドロイチンやグルコサミンと共に摂取することでさらなる効果が期待できます。
・グルコサミン
言わずと知れた関節成分であるグルコサミンは、新しい軟骨成分の生成を促してくれる効果があり、関節炎の進行を抑えることが期待されます。
しかしグルコサミンは通常のキャットフードからなかなか必要量の摂取は出来ません。
このサプリメントにはエビやカニから抽出されたコンドロイチン成分を十分配合しているため、1錠でしっかりとした効果が期待できます。
・ビタミンD
種類の多いビタミンの中でもビタミンDが不足してしまうと筋骨格系疾患にかかりやすくなってしまうと言われています。
本来、日光浴を行うことで体内生成されると考えられていましたが、近年の研究であまり作られないことが分かってきました。
そこでサプリメントとしてビタミンDを摂取することで、関節疾患の予防に効果を発揮します。


「猫用 毎日散歩」には、これらの6種類の有効成分が効率良く摂取できるように配合されており、さらには国産・無添加で製造されていますので安心して与えることが出来ます。

また嗜好性の高いカツオで味を付けることによって、神経質な猫でも長期的に与えやすくなっています。

関節炎を発症した猫の栄養管理にはもちろん、関節炎予防のための日々のサプリメントとして、この「猫用 毎日散歩」をぜひ試してみてはいかがでしょうか。

病気について
  • 安心安全へのこだわり
  • ペットサプリメントの必要性と効果
  • お電話
  • お電話
  • Eメールでのお問い合わせ
ページ先頭
お支払い方法について
NP後払い
楽天ポイント
お支払い方法について
詳しく見る
フフルル
送料について
詳しく見る
お得な定期コース
詳しく見る
よくあるご質問
お客様サポート
Eメールでお問い合わせ
お支払い方法について
NP後払い
楽天ポイント
お支払い方法について
詳しく見る
よくあるご質問
フフルル
送料について
詳しく見る
ようこそゲスト様
ログイン
ようこそゲスト様
新規会員登録
お得な定期コース
詳しく見る
商品一覧 | 安心・安全へのこだわり | お客さまの声 | ご利用ガイド |
会社概要 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表記
ウィズペティ公式サイト copyrightc ウィズペティ all rights reserved.