ペットサプリ・犬用猫用サプリのウィズペティの猫の病気について ~ 猫に多い腎不全を予防するためには

トップページ よくある質問 会社概要 ご注文や質問はお電話でも承ります
商品一覧 定期コース 安心・安全へのこだわり お客様の声 ご利用ガイド
犬・猫の健康を考えたペットサプリ通販専門店「ウィズペティ」 ウィズペティ営業時間 買い物かごを見る
商品一覧 定期コース 安心・安全へのこだわり お客様の声 ご利用ガイド

猫の病気

猫に多い腎不全を予防するためには

急性腎不全の原因

急激に病気が進行する急性腎不全の原因となるものは、大きく分けて2つあります。

・尿路閉塞
膀胱や腎臓に結石ができ、尿路に詰まり閉塞してしまう事により尿が出なくなってしまう事を尿路閉塞と言います。

尿路閉塞の状態になってしまうと、本来尿とともに体外に排出するはずの老廃物が毒素となり体内に溜まり、急性腎不全を引き起こしてしまうのです。

・中毒
中毒を引き起こす物質を摂取すると、血液の中に毒素が流れ出てしまい腎臓に負担がかかります。
急性腎不全を引き起こす可能性がある毒物として代表的なものは玉ねぎやユリ科の植物、人間用の解熱鎮痛剤などに使用されているアセトアミノフェンなどです。

慢性腎不全の原因

慢性腎不全では多くの場合ゆっくりと症状が進行していきます。何が原因となってくるのでしょうか。
・加齢
猫の慢性腎不全の原因として、主となっているものが猫の加齢です。
猫の高齢化とともに、徐々に腎臓の組織がダメージを受け正常に機能する組織が減っていきます。
15歳以上の猫では約30%異常が慢性腎不全を発症していると言われています。

・遺伝
詳細は未だ研究中のものもありますが、猫の中には遺伝的に腎不全になりやすい種類が存在します。

ヒマラヤン、ペルシャ、ロシアンブルーなどの猫種は腎不全をはじめ様々な腎臓の病気のリスクが高いことが知られており、飼育の際には注意が必要です。

急性腎不全の症状

・尿が出なくなる
症状が急に進行する急性腎不全では、乏尿や無尿と呼ばれる尿が出ない状態になってしまう事があります。

尿が排出されないことにより体内に毒素が回り、尿毒症になってしまいます。
尿毒症に陥ると、口からアンモニア臭がするようになり、急激に症状が悪化することが多いです。

・嘔吐
水を飲んでもそのまま吐いてしまったり、食べたフードを未消化のまま頻回嘔吐してしまったりします。

・けいれん発作
尿毒症が進行すると脳にまで毒素が回り、けいれん発作が起こることがあります。
けいれん後にそのまま意識が無くなることもあり、早急な治療が必要です。

慢性腎不全の症状

・元気・食欲の低下
慢性腎不全の多くは、初期の段階では少し元気が無くなったり食欲が落ちてきたりという症状が現れます。
これらの症状は老化とともに現れる症状ととらえられてしまう事が多く、見過ごされやすい症状です。

・体重減少・毛艶が悪くなる
食欲の低下により体重が減り、栄養が被毛まで届かないため毛艶が悪くなりパサパサになることもあります。
しかしこれらの症状もまた老化の症状と酷似しているためなかなか異変に気が付くことが難しいでしょう。

・尿量の増加
慢性腎不全の初期~中期では腎臓の働きのうち水分の再吸収がうまく機能しなくなるため体内の水分の多くが尿として排出されてしまいます。

そのため尿の量が多くなり、体は水分をどんどん必要としてしまうので水を飲む量も増加します。


慢性腎不全の初期ではほとんどが無症状であることが多く、症状が現れたときには既に腎臓機能の70%が失われた状態であるとも言われています。

そして慢性腎不全の末期では、急性腎不全と同様の症状(乏尿・尿毒症・けいれん発作など)が現れます。

猫の腎不全の治療法

腎不全を一度引き起こしてしまうと腎臓の機能の回復は望めません。
そのため腎不全になってしまった場合の治療は嘔吐や脱水などに対する対症療法とともに現状以上腎臓の機能を失わせることの無いよう温存療法を行います。

まずは体内に溜まってしまった毒素を排出するため点滴などで体内の水分量を増やし、尿量を増やします。

さらに人間と同じように腹膜透析を行ったり、タンパク吸着剤を使用し、体内から毒素を便とともに排出させたりという治療が行われます。
しかし猫に腹膜透析を行うことの出来る医療施設は数少なく、また通院頻度が高く治療費用が高くなることなどからあまり行われることは少ないようです。

点滴や投薬で全身状態が落ち着いたら、日常生活で腎臓への負担をなるべく少なくするために食餌療法が取られることが多いでしょう。

タンパク質やナトリウム、リンなどを多く含むフードは代謝するのに腎臓へ大きな負担をかけてしまいます。そのため食餌療法ではそれらの物質を制限した処方食を使用します。

腎不全の食餌療法で使用するフードは味気ないことが多く、な子が好んで食べることも少ないため、給餌方法などを獣医師と相談しながら治療を進めていくことになるでしょう。

猫の腎不全の予防

加齢とともに増えてくる腎不全は、完全な予防は出来ません。
しかし若齢の時期からいくつか気を付けることによって、発症のリスクを抑えることが出来ます。

・中毒に気を付ける
急性腎不全を引き起こす中毒には十分に注意しなければなりません。
中毒を引き起こす物質を猫がいる部屋に置いたままにしないようにしたり、人間の食べ物を食べる癖を付けないようにしたり工夫してあげましょう。

・猫の尿量を把握しておく
猫にも尿量は個体差があります。そのため愛猫の健康時の尿量がどのくらいかを把握しておくと良いでしょう。

固まる猫砂であれば排泄後の塊の大きさを大体で良いので覚えておき、システム式トイレであればトイレのペットシーツを抜いて尿量を目で見ておきましょう。

・塩分を控えたフードを与える
塩分が多く含まれたキャットフードを与えていると尿が濃縮され、長期に渡って与え続けると腎臓に負担がかかってしまいます。
そのため愛猫に与えるフードは塩分を控えたものにしましょう。

しかし尿路結石症などの処方食の中には塩分が多く含まれている場合があります。
その際は治療のため獣医師の指示通りに与え、長期的に続けることは控えるようにしましょう。

サプリメントの使用

猫の腎不全を含む、腎臓病を予防する効果が期待できるサプリメントを日々の食フードとともに与える事でも加齢に伴う腎不全を予防することが出来ます。

なかでもおすすめのサプリメントが「猫用 毎日腎活」です。
このサプリメントは腎機能の低下を抑制してくれるだけでなく、急性腎不全になるリスクの高い尿路疾患にも配慮されていますので、発症を予防することが出来ます。

毎日腎活には体内の毒素を吸着する作用のほかに、腎機能低下を抑制させる抗貧血・抗高血圧作用と下部尿路結石を予防する殺菌・抗菌作用があります。
それぞれの効果をご紹介していきましょう。

・毒素吸着作用
毎日腎活には竹炭よりも優れた毒素吸着作用を持つヤシ殻活性炭をはじめ、ナトリウムを吸着・排出するキトサン、リンを吸着・排出する未焼性カルシウム、カリウムとナトリウムのバランスを調整するアルギン酸ナトリウムという4つの成分を配合しています。

これらの作用により腎不全の進行を遅らせたり、腎不全による二次的な病気のリスクを防いだりという働きが期待出来るのです。

・殺菌・抗菌作用
毎日腎活には腎臓結石を溶かす効果のあるウラジロガシエキスを配合しています。
これらに含まれるウラジロガシには殺菌・抗菌効果のほかに血管弛緩作用の働きをする「タンニン」が多く含まれており、それにより胆石や腎臓結石を溶かす効果が期待できます。

また利尿作用を高め、膀胱炎などによる排泄障害の予防も期待が出来ます。腎臓病や下部尿路疾患には尿量を増加することが何よりも重要になるのです。

・抗貧血・抗高血圧作用
腎不全の時に、深刻な合併症になるものが貧血です。毎日腎活には抗貧血作用として、きれいな血液を体内に運ぶ成分である葉酸が含まれています。

腎不全になると血液をろ過する機能が低下してしまいます。葉酸には血液を作る働きがあるため、毎日腎活を摂取することできれいな血液を全身に運ぶサポートを行います。

また毎日腎活には、抗貧血作用とともに抗高血圧作用も期待できるビタミンB6成分も含まれています。
ビタミンB6には血管拡張作用があり、血液の流れを正常に戻し高血圧や動脈硬化を防ぐ働きが期待出来るのです。さらには葉酸と一緒に摂取することによって、腎不全による動脈硬化の予防も期待されます。

病気について
  • 安心安全へのこだわり
  • ペットサプリメントの必要性と効果
  • お電話
  • お電話
  • Eメールでのお問い合わせ
ページ先頭
お支払い方法について
NP後払い
楽天ポイント
お支払い方法について
詳しく見る
フフルル
送料について
詳しく見る
お得な定期コース
詳しく見る
よくあるご質問
お客様サポート
Eメールでお問い合わせ
お支払い方法について
NP後払い
楽天ポイント
お支払い方法について
詳しく見る
よくあるご質問
フフルル
送料について
詳しく見る
ようこそゲスト様
ログイン
ようこそゲスト様
新規会員登録
お得な定期コース
詳しく見る
商品一覧 | 安心・安全へのこだわり | お客さまの声 | ご利用ガイド |
会社概要 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表記
ウィズペティ公式サイト copyrightc ウィズペティ all rights reserved.