犬サプリ・猫サプリ|バナバ|【獣医師執筆】成分辞典

買い物かご
ログイン
新規登録
初めての方へ
商品一覧 定期コース 安心・安全へのこだわり ペットサプリの与え方 ご利用ガイド
メニュー 買い物かご ログイン 会員登録 初めての方へ

バナバ

[記事公開日] 2021-04-14 [最終更新日] 2021-06-07
[ 目次 ]

バナバについて

血糖値に働きかける

バナバは熱帯地域に分布するミソハギ科サルスベリ属の植物。バナバに含まれるコロソリン酸は、インスリンに似た働きをする特徴があります。細胞内に糖を取り込むグルコース輸送隊を活性化させ数を増やすことで糖をコントロール、健康維持をサポートします。

【執筆獣医師】葛野 莉奈
【経歴】麻布大学獣医学部卒。横浜市内の動物病院
「かどのペットクリニック」院長。

犬猫にとってのバナバとは

バナバは植物の名前であり、「コロソリン酸」という成分を含みます。
この成分は血糖値に働きかけるといわれています。

糖代謝の際に分泌されるホルモンのような働きをして、糖代謝をサポートしてくれることが期待できます。

糖代謝が苦手な犬や猫もいて、その子たちは代謝が上手く働かなくなった場合、体に大きなダメージを受けてしまいます。

そのために血糖が急に上がらないような食べ方や、血糖が上がりにくい質のフードを日常的に摂ることが必要とされます。

身体にダメージを与えにくい工夫の1つとして、バナバに含まれるような成分を摂ることもおすすめです。

ページ先頭
お支払い方法について
NP後払い
楽天ポイント
お支払い方法について
詳しく見る
お得な定期コース
詳しく見る
送料について
詳しく見る
フフルル
お客様サポート
ログイン
新規会員登録
お客様サポート
Eメールでお問い合わせ
よくあるご質問
よくあるご質問
お得な定期コース
詳しく見る
お支払い方法について
NP後払い
楽天ポイント
お支払い方法について
詳しく見る
送料について
詳しく見る
お客様サポート
ログイン
新規会員登録
お客様サポート
Eメールでお問い合わせ

安心・安全へのこだわり | お客さまの声 | ご利用ガイド |
会社概要 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表記
ウィズペティ公式サイト copyright© ウィズペティ all rights reserved.